線画が苦手な私がやってる練習といえば、

ヽ(`・д・´)ノ盛大な勘違いかもしれないが〜


イラスト描くときに、ペン入れで長い線を描くと、ヨレヨレ。。。ρ(-ω- )
なんで私はこんなにへたくそなのだ???
そこで、ひたすらトレスで練習することにしたです。

トレスってのは、お手本になる絵を下に敷いて、なぞる方法。
私はデジ絵なんで、下のレイヤーにお手本の絵を置いて、上のレイヤーでなぞります。
模写はダメなんです、描いてるうちに心が折れてきて、

長いツイテ→こんなの描けるか!→切り落とす
フリルとかレース模様とか→何時間かかるんだー!→Tシャツを着せる
Tシャツのしわ→もうなにもかも面倒になってきた!→裸族になった

…なんて事やってるうちに、モデルと似ても似つかない絵になったりして。
意志の弱い私じゃてんで練習になりません。
でも、トレスなら逃げ場がないから。
線をなぞる以外しちゃダメって決めて、線を描く練習に集中できるはずなのです。

私のやり方はこんなです♪

1. トレスするイラストを選ぶ
線の練習なので、長い線や難しい線がある絵がいいですね。
だからといって、難しすぎるのも心が折れるのでダメ。
たとえば、こんな桜ミクとかは、私にとっちゃ、小学生が司法試験受けるようなレベルだよ。
20130111_1

あと、できれば、自分のやってることに関係ありそうなモデルを選ぶのが大事だね。
私なら、ボカロかUTAU関連のイラストかな。
いくら線がたくさんあるからって、たとえば障子を描く練習とか、何の罰ゲームですか?

2. 描く
10分ぐらいで。
時間はかけないですよ。
構図とか、色とか、余計なことは気にせず、ひたすらトレスするの(なぞること)に集中します。

絵師さんの絵を見て思うのですが、どんなに長い線でもワンストロークで引いてる感じですね。
これを真似するには、そろ〜りとゆっくり描いていてはダメです。
男なら、いや女でも、思い切ってスパーンと一気に描く!

あ!? 失敗した!
⌘(WinはCtrl)+Zでやり直し!
なあ!? また失敗した!
⌘(WinはCtrl)+Zでやり直し!
はあ!? またまた失敗した!
⌘(WinはCtrl)+Zでやり直し!
(以下ループ)

やり直しが簡単にできるってのはデジ絵のいいとこ。
そうこうしてるうちに、もう10分だ。
ってことでトレス完了。
20130111_2

3. 反省する
描いたばかりなので、自分になにができて、なにができなかったすごく分かりますね。
鉄は熱いうちにたたけなので、ダメなところを心に叩き込みます。絵心がある人に添削してもらうのもいいと思うよ。
赤いところは線が迷ってるところ。自分のふがいなさがよーく分かります。

20130111_3

4. プリントして貼る
これ大事なんですよ。
どこに貼るかって?
寝室ですよ。

昔の中国のお話で、臥薪嘗胆ってのがあるでしょう?
薪の上に寝て、戦いに敗れた悔しさをひとときも忘れず、3年後ぐらいに勝つって話。
それと同じく、今の自分の実力を思い知り、強制的に目に入るようにするのです。

PCの中に保存してると、自分のふがいなさを忘れちゃいますからね。
人間の意志の力なんて弱いものです。とくに私は!
毎日自分の描いた絵と向き合うのは恥ずかしいですけど、やる気にもなります。

5. 1に戻る
そして、1〜5を毎日繰り返すと… こうなるのだ↓
20130111_4

自分の技量の変化が一目で分かるかと思って、なにげなく始めたんだけど、なんだかうっとおしい寝室になってきたw UTAUと関係ないの混ざってるし

これは初期のころだけど、今現在は3倍ぐらいに増えてるかな… 部屋をぐるっと2/3周ぐらい。
今のペースだと、春までには埋め尽くされるかな?
ちなみに、現在私はこの部屋で寝てません。落ち着かないよ、こんな部屋(-д-´。)

ダイニングのソファーベッドで寝てますの。
というか、着替えを取りにいく以外、寝室に近づかなくなってる私…
とまあ、こんなバカなことやってますって話でした。

みんなはどんな練習してるのかな?
そして、練習を始めて2か月後の姿である→苦手な線画の練習を始めて2か月

さらに、その後の姿だよ↓↓
2014年7月の記事:お絵描き1年6か月の成長記録:線画
2014年12月の記事:最近手グセで線画を描いてるので反省してる(´・ω・)


線画が苦手な私がやってる練習といえば、」への2件のフィードバック

  1. 篠崎なあな

    yukijiさんのブログも含めて、イラスト練習のお手本をたくさん巡回した結果がなぜかこんな練習法なんですけど、これでいいのだろうか… (ノД`)
    あと、この部屋だけは誰にも見られたくないので、絶対に死ねません!

    返信
  2. yukiji

    これは面白い記事でした!
    自分がやったことがない練習法だったのでとても参考になりました。
    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。