エルフェンリート(原作)のルーシーの一生がカワイソすぎる件

ナナ:ルーシーさんの記事ができたね!私ががんばったからかなあ。えへへっ♡
ルーシー:私はヒロインだ。お前の記事のアクセス数など関係ない
ナナ:あれ!? ルーシーさんが嫌われる内容じゃないよ。どういうこと?
ルーシー:にゅっ!? 原作では散々悪役なんだ。すこしは愛されたいにゅっ!

いちおう言っときますが、一部のシーンはグ(ry
ナナ記事はエルフェンリート(原作)のナナが好きになるシーン16選へ。


ルーシー(にゅう、またの名を楓)はヒロインだけあって、見せ場はたくさんだね。
すごくややこしいけれど、彼女の人格についてまとめるとこういうこと

楓:彼女の本名。幼少時にディクロニウスとして覚醒する
ルーシー:楓のこと。研究施設での呼び名。ディクロニウスとして驚異的な殺傷能力を持つ
にゅう:幼児化した純真無垢な人格。基本的にディクロニウスとしての能力は出せない
DNAの声:楓・ルーシーに対して「人類を殺せ」と命令する内なる声

作中では、ルーシーとにゅうはしょっちゅう入れ替わるんですよ。頭をぶつけたとか、心理的に強いショックを受けた時とかに。せわしないったらありゃしない。
しかも、ルーシーはにゅうでいた時の記憶がないし、にゅうはルーシーででいた時の記憶がないという、ややこしいね。

にゅうという人格は、研究施設から脱走する際に銃撃され、それがもとで現れたもの。
そしてにゅうの人格のまま由比ケ浜に流れ着いて、コウタとユカ(2人はいとこ同士)に拾われて、楓荘で共同生活をすることになったわけなのです。

そりゃ全裸で、話せる言葉といえば「にゅう」だけだもんな。
しかも、トイレも一人でできないとなると、放っておくわけにはいかないです。
でも8年前、にゅうは楓としてコウタにすでに出会ってるのでした。ひと夏のほんの短い間だけど、友達として。

1. (8年前の事件)
20130117_1
[EL 38. フラッシュバック:4巻 p208-209]

本題に入る前に、江の電の車内の描写がなんか違う。藤沢と鎌倉の人なら分かるよね。
椅子は長椅子なんだが… これがついつい気になってしまって。でもアニメ版ではちゃんと長椅子だったですね。

話を戻して… この江の電の車内で、コウタの妹カナエと父親は友達であるはずの楓に殺されています。
殺害理由は、ヤンデレ化したからってとこかなぁ。2人の殺害後、彼女がコウタに吐いたセリフが、病みすぎててゾクゾクします。
楓はこのとき二度とコウタに会うまいと決めたうえでの犯行だけど、これはお決まりの再会フラグなんです。

コウタは、カナエの胴体がまっぷたつに、父親の首が吹き飛ぶのを、目の当たりにしてしまいます。それで大きなショックを受けて、この事件のことを、そして楓のことも忘れてしまいます。もう二度と楓と会うことはないだろうし、会ったとしても記憶にないから気付かないだろうし… って、これもフラグなのな。

もちろん、にゅうもそんな記憶はないんだけど、楓荘に来てからしばらくしてルーシーとしての人格が戻り、もう会うことは無いと思っていたコウタが側にいることに愕然としてしまいます。

2. 元気だったか?
20130117_2
[EL 38. フラッシュバック:4巻 p214]

コウタは自分が何者か記憶にない。
でも、彼女にとっての、ルーシーとしての第一声はこのフレーズ。謝罪じゃなくて懐かしさ。
自然に出てきたんだな、と。彼女はコウタのことを忘れることはできなかったから。

成就院から下る長い階段の上から由比ケ浜が一望できる場所。
8年前の忌まわしい記憶と、大好きな人に会えた懐かしさが、この一言によく表れてるね。
私はこの場所からの風景が大好きだから、このシーンで使われて嬉しいな。

3. 私は もうお前とは一緒にいられないんだ そんなことも忘れたのか?
20130117_3
[EL 39. 処刑命令:5巻 p14]

コウタはにゅうが迷子になったと思って、必死に探してたものだから、早く一緒に帰ろうと喜んでるんだけど、ルーシーの心境は複雑なんだね。
にゅうのままなら一緒に帰れるんだけどね、でも8年前の記憶のあるルーシーとしては… だから、とても辛いけれど、心にもないことを言わなくてはいけない。

ルーシーは捨て子で、ずっと児童養護施設育ち。
しかも頭に生えている角のせいで、施設の子供からはいじめを受けて、大人たちからは気味悪がられて、誰一人味方になってくれることはなくって…

そんな時に偏見なく遊びに誘ってくれたコウタは、初めて心を許せた友達なのでした。
だから、そばにいたい気持ちはとても強いんだけど、同時に犯した罪の大きさから、一緒には居られないという気持ちも強くて、相反する感情が綱引き状態。

それでも、未練を断ち切って、別れを切り出そうとするものの…
(このシーン、ルーシー男前だぁ)

感情が高ぶりすぎたのか、にゅうに戻っちゃいます。
あらら…

なんかなし崩し的に、コウタやユカ、その他増えてきた女の子たちと、楓荘での同居生活になっちゃいます。時々ルーシーに戻るんだけど、結局出て行くタイミングを得られず、もう後戻りができない状態に。

同時に、彼女と楓荘のみんなを取り巻く状況は最悪の方向へと向かっていきます。
そして、ルーシーは、コウタを守るために、彼の目の前で、彼女の「能力」で敵を殺します。
でも、その様子を見て思い出したんだね、コウタは。彼の仇がすぐ側にいることを。

4. (コウタ、8年前の記憶を回復)
20130117_4
[EL 97. 長い夜の夜明け:11巻 p229]
8
年ぶりの再会、コウタの第一声は「久しぶりだね」。
彼はどんな心情でそう声をかけたのだろう?
そしてルーシーはどう思ったのかな?
観念はしただろうね。彼と一緒にいられるという一縷の望みも消えたってことは。

5. こんなに近くにいるのに… すごく遠い…
20130117_5
[EL 98. 過去につながる海:12巻 p7]

本来の2人として再び会ったコウタとルーシー。
会っていいことなんてあるはずないのに、なぜルーシーは逃げなかったんだろう。こんなに辛い思いをしてまで会う理由って。

彼女だけでなくて、コウタにとってもあの記憶を呼び起こすことは身体が切り刻まれるほど辛いことなのに。

6. でも私は — ただコウタに謝るためだけに今まで死なずに生きてきたんだ 
20130117_6
[EL 98. 過去につながる海:12巻 p15]

この一言に尽きるか。
許させるわけがない、だけど一番、そして唯一自分が好きになれた相手だからこそ、逃げなかった。
悲しすぎる。゜゜(´□`。)°゜。

7. 角がなければ… こうありたかった本当の私 —
20130117_7
[EL 99. 想い出は殺せない:12巻 p29]

こういわれると、あの愛らしいにゅうがとても物悲しく見えてしまうのです。

8. もういじめられたくなかったから… みんなと違うって…
20130117_8
[EL 99. 想い出は殺せない:12巻 p31]

誰にも愛されなかった人生って…
あんまりじゃないか。

そんな辛いことしかなかったから、DNAの声にそそのかされたんだけど。
ルーシーは罰を受け入れるつもりなんだけど、DNAの声はそうはさせまいとたえず囁くんだね。
いままでのルーシーなら、やすやすと従ってたんだろうけど、今は違う。

9. それでもやっぱり 一人じゃさびしいんだ
20130117_10  20130117_11
[EL 103. 妖精は歌う:12巻 p97-98]

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

でも、DNAの声は最後の抵抗を見せるんだね。
ルーシーのわずかな心の隙をついて、彼女の人格を乗っ取り、大暴れします。
でも、それは同時に肉体の溶解につながり、やがて虫の息に。

もはや身体が半分解けてしまったルーシー、コウタに自分を殺せと懇願します。
幼い頃の姿に身を変えて。
そして、もうひとつのお願いを。

10. 夏祭りの最後の日にあの場所に来てくれ 私はそこでお前が来るのをずっと待っている
20130117_12
[EL 106. もしいつか:12巻 p156]

あの場所というのは、8年前の夏、楓とコウタがよく待ち合わせに使っていた場所であると同時に、彼女の飼い犬が埋められている場所でもあります。
いじめっ子に殺された犬が埋められている場所。大きな石は墓石代わりなんですね。

そして、夏祭りの最後の日。その日は8年前の事件の日。
かなわないことだけれど、あの日に戻って、やり直したい。
それがルーシーの、楓の望みなんだね。

11. 私はずっとコウタを忘れない 私はずっとずっとあの場所でコウタと会えるのを待っている
20130117_13
[EL 106. もしいつか:12巻 p157]

ルーシーを殺すことを躊躇するコウタ。
にゅうの笑顔がよぎり、拳銃の引き金が引けません。
そんな彼に対して、ルーシーは最後の力を振り絞って、、、

12.
20130117_14
[EL 106. もしいつか:12巻 p164]

ルーシーの死後、コウタは彼女との約束を守り、あの場所に毎年足を運んで。

13.
20130117_15
[EL 最終話. 大団円:12巻 p191]

毎年毎年…
ユカと結婚し、娘も生まれて、
それでも、ルーシーとの最後の約束を果たすべく。

そして、何年目のことだろう?
また約束の日がやってきて…

14.
20130117_16
[EL 最終話. 大団円:12巻 p199]

15. また会えたね!!
20130117_17
[EL 最終話. 大団円:12巻 p201]


エルフェンリート(原作)のルーシーの一生がカワイソすぎる件」への35件のフィードバック

  1. 塩かま

    読ませていただきました!(^^ゞ
    エルフェンリートは感動で泣かない私をはじめて泣かせてきた強者です(-_-;)
    というか、私の方がおかしいかもですけど。(^_^;)
    最初(特にナナちゃんの四肢切断とか)はヤバかったですね。
    小学生の頃に見てたら発狂ものでしたね^^;
    まあ、そんなシーンに驚きながら進めていきましたが。
    予想は大外れ(>_<)(予想するようなものじゃ無いですよね。)
    でもナナちゃんはかわいい。(笑)

    返信
  2. アニメ大好き

    このアニメに出会ったきっかけは「みんなのトラウマアニメ」っていうのをYouTubeで見てずっとこのアニメ気になってたんですけど題名が分からずそれから何年か経って、今年になって見たんですが、ここまで感動するアニメは多分初めてでした!個人的にはルーシーの子供時代の頃の声と顔が好きでした!
    いや〜、本当にこのアニメに出会えて嬉しかったです!アニメは見たので次は漫画に手を伸ばしたいと思います(^_^*)

    返信
    1. 漫画大好き

      自分も同じです。たしかにグロ結構多めでトラウマアニメかもしれないですが、感動の方が遥かに上でしたね。(笑)

      返信
    2. にゅうすけ

      きっかけ全く同じです(笑)
      久しぶりにアニメで泣きました。最初は絵が受け付けませんでしたが見終わってみればすっかりファンに。漫画も大人買いしてました(笑)こんな素晴らしい作品に出会えてよかったです。。。

      返信
  3. 受験生

    まさに隠された名作そのものですね。こんなに心を動かされたのは初めてかもしれないです。原作とアニメでは結末が違いましたがどちらも感動しました。他のどのアニメとも比べてはいけないような気もします。〔いい意味で〕 あといつか、このアニメの舞台となってる鎌倉・江ノ島に独りで行ってみたいです。とにかくこのような素晴らしいアニメに出会えてよかったです。エルフェンリート、本当に・・・ありがとう

    返信
  4. B

    こないだこれのアニメを見てはまりました。このような作品が存在するとは・・・
    人の心を揺さぶるという意味では手塚アニメや宮崎アニメより上ですよね。比べることじゃないんですが。

    2次元エロだとかオタクだとか言って偏食するような時代じゃもうないんですね。
    フランスで賞を取ったということを知ってから見たのではずかしいかぎりです。

    自分に悲惨な最後が定められていたとしても、どんな罪を犯しても大切なものを見失わない意志を強く持てば幸せを感じられる。
    そういうメッセージを受け取りました。

    本当にすばらしい作品です。

    返信
  5. 匿名

    まだエルフェンリートのファンがいたことに感動
    ありがとう…ありがとう…

    返信
  6. 嫁ジェット

    エルフェンリートは14歳ではじめてみたときは1話でぎゃぁああんああんああああ!ていいながらグロにまけてなきながらパソコンぶんなぐってたけど、いまは「良いはなじぃ」って泣きながらみてます! 友達にすすめたら全員なきました! (一人だけ「角はえたペコちゃん可愛い!」っていってる女の子がいます、、、」

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      14歳で初見ですかー。。。そりゃそうなりますよね(^^)
      私はグロ好きで見始めて、いつの間にかめっちゃ感動する話だぁって泣いてたんですけど、そういう人も多いんじゃないかしら?

      返信
  7. 和紙

    エルフェンリートは本当に傑作アニメだと思います!
    今から見ると結構古いアニメですけど是非見てみたほうがいいです!
    もしグロや差別表現などが嫌なら見るのは辞めたほうがいいです(まぁこのコメント見てるんならそれくらい平気かw)
    アニメも漫画もラストシーンは久々に号泣した…

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      コメントありがとうございます!
      これ、アニメだと1話で切っちゃう人多いんじないなかあ、ていうぐらい思い切った作りなんですよねー
      当時の監督やスタッフの勇気に尊敬しちゃいます(^^)

      返信
  8. ポップコーン味見中

    現在高1の女子です。 
    トラウマになるアニメシーンを見てたら見たくなって、つい、さっき、最終回まで見たけど、最初から最後までずっと泣きっぱなしだった・・・・
    ハマってしまって・・・・これも運命・・・

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      コメありがとうございます!
      やっぱり泣いてしまいますよね。。。。
      けっこう昔の作品なので、絵柄や演出は今の流行りのに比べると重いけれど、ストーリーがいいので長く愛されてるんですよねー

      返信
      1. りも

        いや〜今日は一年ぶりに見直してて、漫画の方の最後もすっかり忘れてたんでこのサイト見返しにきました…自分の中では名作ですな…涙ポロッポロでてしまった…

        返信
        1. naanashinozaki 投稿作成者

          うちでも時々見直すので、原作とdvdは取りやすいところに置いてます。泣けるのはもちろんなんですけど、岡本先生独特のギャグセンスも光るんですよね
          コメントをありがとうございました!

          返信
  9. 匿名

    坂東さんが凄いカッコいい。
    漫画でのマユを助けるシーンに男を感じました。
    あの不法侵入して来たロリコンクズ野郎を思いきり蹴飛ばすシーンは見てて凄い気持ちよかったです。
    エルフェンリートは自分が初めて自分のお金で全巻買った本です。最高に感動しました。
    実際にある場所を参考として漫画を描いてあるので、いつかぶらり旅でもしたいと思ってます。
    エルフェンリートで学んだことは一人一人考えてることはみんな違うということを学びました。
    キャラクターの色々な過去、生まれてきたことへの宿命感、等、凄い共感することもありました。
    この本に出会えて良かったです。
    何回も読み返してしまいます。
    その度最初の一回目に呼んだワクワク感が愛しく思えてきます笑

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      コメントありがとうございます!

      舞台探訪ぜひ行ってみてほしいです。鎌倉は1年中人が多いんですけど、冬〜早春は少し閑散としていてけっこうおすすめ。
      岡本先生は念入りな取材をしてるんだなあ、ってよく分かりますよ。
      鎌倉は住むには大変なこともあるけれど(湿気であらゆるものがカビるとか)、あの濃いキャラクターたちに負けない舞台なんだなと思います。

      返信
  10. ひよこ

    エルフェンリート大好きなJKです!
    好き過ぎて何回も原作、アニメと見てるんですが、その度にいつも号泣していますw
    この記事を読んでいる間も涙と鼻水をだらだら垂らしながら読んでました(´; ω ;`)
    アニメの最後、ルーシーが戻ってきてまた平和な生活が送れてるといいなというか送りなさい!(´・ω・`)
    素晴らしい評論ありがとうございました^ ^

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      コメありがとうです
      そうですか、号泣しながら観てるんですね〜… その気持ちよく分かりますよ

      私はそうめんのシーンが一番悲しいなあ。
      エルフェンに出会って以来、そうめん見ると条件反射でうるっとなっちゃいます(つ﹏<)・゚。

      返信
      1. ナオ

        そうめんシーン泣く!然り、まっこと、そのとおりっ!
        そうめんは・・・・泣く。
        再び観なおした今日、酔っ払いなう。

        返信
  11. ナオ

    エルフェンリート、数日前に出逢った。
    いい年こいた四十路のオッサンが
    いままで萌えキャラだの関心がなかったオッサンが
    新しい扉が一個増えて
    結構今では涙が止まらない。止まらぬわけは知らぬ。
    なんだろな・・・
    分かってるつもりだが。
    しの氏の評論、オイラには愛に感じる。
    すばらしい評論をありがとう。

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      コメありがとうございます!
      評論とはとても言えない感想の殴り書きなんですけど、愛だけはあります(˶′◡‵˶)!

      >萌えキャラだの関心がなかった
      まさに私もこれだったんですよ。
      でもそういうこと関係なく、受け入れられた作品でした。

      返信
  12. 匿名

    エルフェンリートは、とある事情で「そこまでメジャーじゃないけど良いストーリーの映画やアニメ」を探しててたどり着きました。
    感動という意味では、私の見てきたアニメの中で一番。原作もまとめ買いして、1日で読み終わりました(笑)
    個人的には、ルーシーの生死をハッキリさせないアニメ版の終わり方(誰かが楓荘を訪問してきた時、ルーシーとの思い出のオルゴールが止まり、にゅうとの思い出の時計が動き出す)が好きですが、原作の方がオチの深さ(伏線の見事な回収?)があって完成度は高かったですね。

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      原作もアニメもストーリーが大事なんだなあ、って思わせる作品ですよね。
      岡本先生のストーリーは時々突っ込みどころ満載なところもあるけれど、ここぞというところは決めてくるので、やっぱり異才なんだなあと思います。

      返信
  13. 自分今日ちょうど重い熱にかかってしまい暇なのでyoutubeを歩き回っていたらこのアニメと出会いました。私は今23歳の男なのですが久しぶりにいいアニメと出会えました。ただ単純に残虐でエッチなアニメではなく愛するとは何か、また繋がりとは何かをこのアニメで知ることが出来ました。普段はアニメなどほとんど見ないミーハーなやつですがこのアニメに出会えて本当に良かったです。ルーシーがいつかまた違う人生でこうたといつまでもいれますように。

    返信
    1. naanashinozaki 投稿作成者

      よさん、コメントありがとうございます!
      エルフェンは観る人を選ぶ作品だけど、「いい大人がアニメなんて」て思わずに観てほしいですね♪
      そういう先入観のせいで見逃すものって多いですもの。

      返信
  14. 匿名

    去年の8月頃にふとしたきっかけでアニメ版エルフェンリートに出会いました。内容に感動してすぐさま原作マンガを購入して…楓とコウタのラストシーンでは涙が止まりませんでした。自分の人生はこれを読むためにあったのか、そう感じる程の物語でした。これから先、自分の中で(もちろん思い出補正もありますが)エルフェンリートを超えるマンガ、アニメに出会うことはもう無いと思います。

    返信
  15. 篠崎なあな

    面白そうなドラちゃん作品勧めていただいてありがとうございます!
    もし教えてもらわなかったら、この先知ることもなかったと思うです。
    今度のお休みにDVD探しに行ってみますねー

    返信
  16. 匿名

    原作のラストはやっぱり感動しますね
    私はドラえもんが好きなんですがルーシーが『ドラえもん のび太と鉄人兵団』に
    出てきたリルルという少女型ロボットを彷彿とさせました
    共通点をざっと挙げると
    ・髪の色
    ・人の命を奪うことを躊躇わない(しずかちゃんを殺そうとした(゚o゚;;)
    ・主人公に自分を殺して欲しいと頼む
    ・裸になる(*^_^*)
    ・ラストのシーン
    こんなところです 感動できる作品なので良かったら是非観てみて下さい

    返信
  17. 篠崎なあな

    コメありがとうございます!
    原作のラストいいですよね。
    生まれ変わって、今度は幸せになってほしいな

    返信
  18. 匿名

    ジョジョ6部の徐倫のようにルーシーも生まれ変わったんだと思います

    返信
    1. じぞう

      手紙の最後の「楓より」の楓って何なのか、とまどいました。楓の名は楓荘だとかあちこちに出てくるから…彼女の本名だったのですね

      アニメの1話のスプラッターレベルがもう少し低ければ、日本人のファンがもっと多かったかもしれませんね…全体の内容は素晴らしい作品なのに、知らないで観なくなってしまった人がいるのが残念です

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。